イラクサ濃縮エキス

イラクサは、既に70年に亘り、食養生のためにドイツを中心に幅広く普及され、ドイツのハーブ辞典”Teedrogen”によると主成分として、コーヒー酸誘導体、フラボノイド、ギ酸、クロロフィル、鉄、カリウム、珪酸などが確認されています。

【お召し上がりの目安】
大スプーン1杯を、1日2~3回
そのまま飲んで、ハーブ本来の風味を楽しむ
水または温かいお湯と一緒に
ジュースや蜂蜜などに混ぜて

【保存方法】直射日光、高温多湿な場所を避けて保存してください。 ※添加物などは使用されていませんので、開栓後は冷蔵庫などに保存し2~3週間以内に飲み終えて下さい。沈殿物がみられる場合がありますが、天然の成分のため品質に問題ありません。

主成分として、コーヒー酸誘導体、フラボノイド(ケルセチン、ケンフェロール、イソラムネチン)、ギ酸、クロロフィル、鉄、カリウム、ケイ酸、スコポレチン、システロール、アセチルコリン、セレトニンを含有。

●体の内側からキレイ・健康に!

200ml / 3,300円(税別)

関連商品

  1. エキナセア濃縮エキス

    1777年の市民戦争の際、ヨハン・ショップ博士が、「ハーブテラピー」として使用されてから、人々が『エキナセア』に関心をもつようになりました。

  2. 西洋オトギリソウ濃縮エキス

    良く陽にあたる牧草地や松林の周辺に自生する美しい花を咲かせる植物です。聖ヨハネの祭日の頃に開花するのでヨハネスクラウトと呼ばれヨーロッパ諸国の国民に親しまれてきました。

  3. スギナ濃縮エキス

    スギナは古代ローマやギリシアで民間療法として伝統的に利用されてきました。「ミネラルの宝庫」とよばれ、主成分のケイ酸は生命の維持に必要不可欠な栄養素としても知られています。

  4. 西洋タンポポ濃縮エキス

    西洋タンポポは体内を浄化し、新陳代謝を高める働きを持ちます。また、お腹の張りを抑え、食欲を増進させる効果もあります。

  5. アーティチョーク濃縮エキス

    アーティチョークは古代エジプト人により栽培されて以来、料理に欠かせない食物として用いられてきました。ヨーロッパでは脂肪の消化を助ける野菜として肉料理には必ずといって良い程、つけ添えられています。

  6. セージ濃縮エキス

    セージは古くからハーブティーとして馴染みがあり、様々な用途に使用されてきました。ドイツでは口腔ケアや発汗を抑えるために使われています。

ページ上部へ戻る