アーティチョーク濃縮エキス

アーティチョークは古代エジプト人により栽培されて以来、料理に欠かせない食物として用いられてきました。ヨーロッパでは脂肪の消化を助ける野菜として肉料理には必ずといって良い程、つけ添えられています。
ドイツの薬用植物所”Helipfanzen”によると主成分としてシナリン(苦味成分)、シナロピクリン、フラボノイドなどが確認されています。

ヨーロッパでは、脂肪の代謝を助ける植物として広く料理に利用されています。主成分として、シナリン(キナ酸カフェオイル)、シナロピクリン、フラボノイド、イヌリン、タンニン、ビタミンA、B、C、酵素、ステロール、サポニゲンなどを含有。

【お召し上がりの目安】
大スプーン1杯を、1日2~3回
そのまま飲んで、ハーブ本来の風味を楽しむ
水または温かいお湯と一緒に
ジュースや蜂蜜などに混ぜて

【保存方法】直射日光、高温多湿な場所を避けて保存してください。 ※添加物などは使用されていませんので、開栓後は冷蔵庫などに保存し2~3週間以内に飲み終えて下さい。沈殿物がみられる場合がありますが、天然の成分のため品質に問題ありません。

●不規則な食生活をサポート

200ml / 3,300円(税別)

関連商品

  1. エキナセア濃縮エキス

    1777年の市民戦争の際、ヨハン・ショップ博士が、「ハーブテラピー」として使用されてから、人々が『エキナセア』に関心をもつようになりました。

  2. ザクロ濃縮エキス

    ザクロはビタミン、ミネラルやポリフェノール類(アントシアン、エラグ酸)などをバランス良く含みます。抗酸化作用が強くエイジングケアにおすすめ!

  3. イラクサ濃縮エキス

    イラクサは、既に70年に亘り、食養生のためにドイツを中心に幅広く普及されています。

  4. アセロラ濃縮エキス

    アセロラは熱帯地方原産のフルーツで、強い日差しなど過酷な環境で育成します。天然のビタミンCを豊富に含むこの果実は古くから健康維持や美容に用いられます。

  5. 西洋サンザシ濃縮エキス

    中世(1573~1642年)の医学界の権威者と云われていたルイーズ・ブルジョアは、多くの人たちの健康管理に、この抽出エキスを与えたと云われています。

  6. ウイキョウ濃縮エキス

    ヨーロッパでは、古くから物の食べ合わせなどの時に用いられてきました。「レホルム運動」の指導者として知られていた、セバスチャン・クナイプは快適な呼吸のためにウイキョウを食すことも推奨していました。

ページ上部へ戻る